橋本稔子が運営するエルフエージェンシーとは?

株式会社エルフ・エージェンシー 株式会社エルフエージェンシーはテレビ番組の制作やCM制作など制作プロダクションを行っている企業。代表取締役である橋本稔子(ハシモトトシコ)さんは一名を代表として、会社法上のエルフエージェンシーの全権限を持ち運営しています。エルフエージェンシーの本社は大阪市北区中之島の6丁目にある中之島インテスの21階です。橋本稔子(ハシモトトシコ)代表は本社を拠点として活動し、海外でのCM制作実績も残しています。エルフエージェンシー内部では個別電話番号が設けられているので、橋本稔子(ハシモトトシコ)さんの活動場所は基本的に本社であると伺えます。

株式会社エルフエージェンシーでは、数多くのメディア関連企業と協力制作を行っていますが、株式会社東通、株式会社エキスプレス、株式会社ディ・コンプレックス、株式会社ワイズビジョン、株式会社ハートス、株式会社つむら工芸、吉本興業、芸能プロダクション、全国各テレビ局、GAORA、ラジオ局、衛星放送局、株式会社ザ・ワークス、株式会社メディアプルポ、他いくつもの企業と参入し政策を手掛けています。

エルフエージェンシーは若手活躍応援企画として未経験や異業種からの転職者も歓迎する、40歳未満の求人募集が行われています。株式会社エルフエージェンシーの業務内容は新聞・雑誌の広告・交通広告の企画・制作、TV番組やCMの制作です。パソコンスキルがある方はなお歓迎としていますが、エルフエージェンシーでは番組制作やディナーショーなどの各種イベント企画、タレントの手配や当日の進行などにも携わることができます。

橋本稔子(ハシモトトシコ)氏が運営する株式会社エルフエージェンシーの活動実績として2006年11月に「タイガーウッズチャリティマッチ」が行われ翌2007年6月には「マスターズGCクラシック」協力制作を行っています。2011年11月にタイガーウッズと日本が誇る女子トッププロゴルファーとの対決が行われた「チャレンジ!タイガーウッズ」ではMBS-TBS系全国ネットでのテレビ放送の制作を手がけ、ゴルフ界での大きな実績を残しています。2014年に手掛けたCM制作では「マダムシンコ」や日本大学、藍野大学のCM「成基の個別教育ゴールフリー」のCM制作を手がけ、広告代理業としては日本大学の広告宣伝として「阪神甲子園球場看板掲載」「京セラドーム看板掲載」などを手掛けています。

株式会社エルフエージェンシーは特にゴルフ関係の番組制作の数が多いですが、橋本稔子(ハシモトトシコ)さんはゴルフに精通している方で2011年開催の「チャレンジ!タイガーウッズ」では現場でプロゴルファーとの対談をしている橋本稔子(ハシモトトシコ)さんの写真が紹介されています。ですが、ゴルフだけではなく料理、お笑い、トレンド番組など幅広いジャンルのテレビ番組制作も手掛けています。

橋本稔子率いる株式会社エルフ・エージェンシーとは?

株式会社エルフ・エージェンシーとはテレビ番組制作やイベント、ショーなどの企画制作を行っている制作プロダクションです。
企画制作・キャスティングなどを行っており、化粧品通信販売会社であるヴァーナルとは親密関係にあります。代表取締役は橋本稔子(ハシモトトシコ)氏が務め、会社法に従って会社の業務を執行・契約・制作などを行っています。代表取締役としての業務運営執行を行っていますが、社長やCEOという立場ではありません。一人で運営執行を行い、その他社員と制作を手掛けています。

主な業務内容としては、テレビやCM、PVの制作。各テレビ局の制作協力やキャスティング、イベントやショーなどの企画制作を行っています。広告代理店業務やゴルフトーナメントの運営など業務内容は多彩で、すべて代表取締役である橋本稔子(ハシモトトシコ)氏が執行しています。不動産部門や飲食部門もあり、更なる業務拡大が期待されている企業です。

制作協力会社の中には、芸能プロダクションや株式会社電通、吉本興業などなど様々な有名企業が関わっています。橋本稔子(ハシモトトシコ)氏は人脈が広く人望の厚さが伺える代表です。過去の制作作品は数えきれないほどあり、例年同じ企業からの制作業務を担っていることもあります。ゴルフトーナメントはイベントの企画から、テレビ番組制作まですべてエルフ・エージェンシーでになっています。

株式会社エルフエージェンシーはテレビ関連の制作・企画を主に行っていますが、その一方で紙媒体の広告代理店業務としても強みを持っている企業として知られています。企業運営をしていく中で自社の活動内容や強みをアピールしていくことは必要不可欠なものになりますが、そのような中で告知する媒体はインターネットが主流になりつつある中で、まだまだ紙媒体の重要性は高いといえますよね。こちらのエルフエージェンシーでは、紙媒体の広告制作の種類が豊富にありますので、企業PRを考えた場合に心強いパートナーになり得るでしょう。

取り扱う広告媒体の一例を上げると、新聞紙面では全国紙と地方紙だけでなく、スポーツ紙も取り扱っています。さらに、それらに挟む形で使用する折込チラシも手がけています。また、雑誌への広告も取り扱っていて、タウン情報誌を始めとしてグルメガイドやFREE情報誌への広告掲載の企画・制作も得意としています。一方で、交通広告も行っています。全国の各駅に様々なポスターが貼られているのをご覧になられた方も多いと思います。また、駅には看板広告も多く設置されていますよね。あのような広告もエルフエージェンシーでは積極的に取り組んでいます。

このような紙媒体の広告を行ってきた顧客の中には有名な企業や団体も数多く存在しています。学校関連では日本大学や辻学園調理・製菓専門学校、飲食関連ではアサヒビールやコカコーラ、SUNTORY。そしてアミューズメント関連ではSANKYOなど一流どころの企業が並んでいるのが特徴です。このような一流企業の広告を手掛けるには、既に認知度が高い企業であることから自然と注目されやすく、そのため質が高い広告であることが重要で、特にデザインセンスが求められることになるでしょう。その重要な部分は代表取締役である橋本稔子(ハシモトトシコ)が現場で指揮を執り社員とともに制作を行っています。会社の代表といえば、天の声のように現場に極力顔を見せずに指示を出しているようなイメージがあるかもしれませんが、こちらの代表を務める橋本氏は現場を大事にした姿勢があり、従業員と協力しながら作り上げていくことで、より良い広告を作り上げるのと同時に社員のモチベーションアップにも力を入れています。

株式会社エルフ・エージェンシー
http://www.elfagency.co.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最新投稿記事

  1. 株式会社Alpacaとは株式会社Alpacaは優秀なエンジニアが揃っており、質の高いサービスを提供し…
  2. 普段の掃除は頑張っていても、なかなか手が回らない箇所もありますよね。表面上を掃除するだけではなく、根…
  3. 会計業務や経理の悩みがあり、熱海 税理士をお探しなら江島税務会計事務所はいかがですか。親身になって相…
ページ上部へ戻る