好成績を挙げる株式会社hzi芽(代表 佐野義泰)

2012年12月13日に、佐野義泰氏を代表とする株式会社hzi芽が誕生しました。まだ、営業を始めたばかりの建築物のリフォーム企業です。建築工事を行ったり、住宅やビルの売買をしたり、不動産の改築や増築などをしたりする様々な分野から、不動産業界は成り立っています。

4年目を迎えた次世代を引き継いでいく佐野義泰氏の株式会社hzi芽は、修繕や増築などの建築リフォームの営業、施工、技術開発の3分野を担当しています。新規参入をしてから3年経過する時期が、不動産業界で苦労をすると言われてきました。

現代、佐野義泰氏の株式会社hzi芽は、会社の浮き沈みが激しい混沌とした業界で、驚異的な業績をあげています。この1年を乗り切れる体力と忍耐力があれば、最初の難関は突破したも同然です。株式会社hzi芽に不利になる部分があるとすれば、老舗企業が残してきた長年の功績と自信です。例え、経験不足とさげすまされることがあっても、老舗企業に堂々と立ち向かえる心臓の強さと、右往左往しない一定の追求心によって、補うことができます。鰻登りで売上を伸ばしていく企業が、市場で旋風を巻き起こして、予想のつかない事態を引き起こすことがあります。彗星の如く現れたとは、新規参入組の突発的な発展を示唆しています。

hzi芽が躍進を遂げたヒントは、鉄板戦略を敢えて外したことにありました。宣伝活動して、工事を自ら行いながら、技術開発を惜しまない3つの業務を、まとめて実行しているのがhzi芽のセールスポイントとなっています。日本の伝統産業は、分業化を基本とした作業スピートを上げる能率アップ政策を推進してきました。

技術革新が実現してから、業務を1つの企業に蓄積させることはなくなり、事業細分化をするのが一般的となりました。分業化の実践例は、親企業が下請け会社に業務の一部を任せて、負担を軽減するなどの方法です。広告代理店が、製造会社や販売会社と協力して、商品売上に貢献するという重厚な形式をつくっています。

それぞれの専門分野を独立させて、共同タッグを組ませる作戦は、商業上の成功を収めています。ところが、煩雑な仕事を外部に発注する形式は、消費者と企業の軽薄関係を露呈したとも言えます。hzi芽は、消費者との友好を固く結ぶために、流行りの商業戦略を放棄して、自社の取り扱う仕事を増やしています。

リフォーム3事業を一通り行うことによって、消費者と技術的に入り組んだ部分にまで話し合いを重ねて、溝を埋めていく方針を貫いています。分業化によって生まれしまった弊害は、逆方向に転換して埋め直すという発想の柔軟性で、解決することができました。企業の負担が重くなってしまっても、消費者の寄りどころを奪ってはいけないと考える、hzi芽の良心的思想が現れています。

株式会社hzi芽
http://www.hzime.info/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最新投稿記事

  1. イベントの企画や舞台などに携わっているリードワンプロモーションは、ショートムービーも手掛けています。…
  2. 株式会社Alpacaとは株式会社Alpacaは優秀なエンジニアが揃っており、質の高いサービスを提供し…
  3. 普段の掃除は頑張っていても、なかなか手が回らない箇所もありますよね。表面上を掃除するだけではなく、根…
ページ上部へ戻る